私たちのこだわり

品種や餌によるブランド肉にはない、
氷温熟成職人として「旨さ」を追求。

群馬県の食品加工メーカークリマは
25年以上前から氷温熟成技術の研鑽に
取り組んできました。

徹底した衛生管理、品質管理、安全性、
そして、美味しさへの飽くなき挑戦が土台となり
「氷温熟成 氷室豚」がうまれました。

私たちの願いは「安全で美味しい豚肉を食べていただく。」
ただそれだけのために当たり前でないことを、
当たり前に続けています。

温度差0.1℃のこだわり

温度差0.1℃のこだわり

日本では古来から「寒ざらし」「寒干し」など、
寒さというストレスを与えることで、
鮮度を保持したまま、素材の旨みを引き出してきました。
わたしたちは、当時難しいと言われた豚肉の氷温熟成に
日本でいち早く取り組み、研究を続けてきました。
鮮度を高く保ったまま、旨みを引き出す氷温熟成技術が
ほのかに甘く、しっとりと柔らかい氷室豚の秘密です。
部位が異なっても肉芯の温度を統一するために
7つの冷蔵室を14日もかけて順に移動し、
枝肉の状態でもほぼ均一の温度管理を実現しました。
温度差0.1℃に妥協しないことが私たちの誇りです。

衛生管理へのこだわり 衛生管理へのこだわり

衛生管理へのこだわり

長くご愛顧いただいているお客様に恥じぬよう、
食品加工メーカーとして日々衛生管理への徹底を心がけています。
豚枝肉は床に触れないように吊した状態で搬入し、
専用の洗浄ラインで表面の細菌や汚れを徹底除去しています。
豚肉への影響を考え、薬品類は一切使いません。
また、工場内も毎日3時間以上かけて徹底的に清掃し、
掃除用具などは熱殺菌庫で管理しています。
こうした衛生管理を徹底した結果
「群馬県食品自主衛生管理認定企業」第一号として認定されました。
食品加工業の常識にとらわれず、作業効率の追求以上に、
衛生環境を大切にする企業でありたいと考えています。

旨み熟成へのこだわり

旨み熟成へのこだわり

群馬県の豚飼養頭数は全国でもトップクラスを誇ります。
利根川の源流、長い日照時間、自然豊かな好立地。
そんな群馬県でわたしたちは25年以上前から、
独自の熟成研究を進めてきました。
これまで鮮度が命と言われてきた豚肉。
「その鮮度を落とさず旨みや甘みを引き出すことはできないか」
そんな食品加工職人としての探求心、
チャレンジが「氷温熟成 氷室豚」の原点です。
研究と挑戦ののち、氷温室でじっくりと熟成され、
しっとりと柔らかな食感、旨み成分が凝縮されたこれまでにない
「氷温熟成 豚肉」が生まれました。

TOP > 私たちのこだわり